20代フツーのサラリーマンが実践する複数の収入源を増やす方法を公開-お金を『稼ぐ』『殖やす』『守る』

やめるだけで年間30万円の節約

やめるだけで年間30万円の節約(1)

コンビニ

いくら節約のためと言っても、努力や我慢をずっと続けるのは辛いですし面倒くさいと感じると思います。

なので、ただやめるだけで大きな節約に繋がるテクニックを集めてみました。
すべて実践すると最大30万円以上の節約につながります。

これから紹介するテクニック全てを実践するのは難しい方もいると思いますが、この中の一つでも実践することで節約の役立ててみてください。

この記事で紹介する節約術のテクニックは、今後30年、40年と長期にわたってずっと使い続けていくことできるテクニックになっています。

テクニック一つ一つはわずかな金額かもしれませんが、このテクニック、知識を知り得たあなたが、今後30年、40年と使い続けることで大きな金額の節約となります。




1.コンビニに行くのをやめる

コンビニの商品はスーパーやドラッグストア、ディスカウントストアなどのお店と違い、基本的には値引き販売をしないため平均的な価格は必然的に高くなります。もし、コンビニでの買い物を一切やめてより安いお店で買い物をするようにした場合、年間2万円くらいの節約になります。(節約試算:約2.0万円/年)


2.飲み会の二次会へは行かない

お酒の席は楽しいものですが、毎回二次会に参加していたのではお金が持ちません。
もし二次会への参加を月1回控えたとし、二次会の平均出費額を3,000円/回とした場合、年間で約3.6万円の節約となります。(節約試算:約3.6万円/年)


3.現金決済をやめる

同じ額のお金を使う場合であっても、現金とクレジットカード決済では、ポイントやマイルが付くので、クレジットカード決済の方がお得です。もし、あらゆる支払いをクレジットカード決済に変更し、月15万円(年間180万円)分を還元率1.5%のクレジットカードで決済できたとすると、最大で年間2.7万円ほどの還元となります。(節約試算:約2.7万円/年)


4.頻繁にATMに行くのをやめる

頻繁にATMを利用する人は、年間でかなりの金額をATM手数料、振込定数料として支払っています。インターネット銀行(ネットバンク)などを上手に利用することでこれらの手数料をゼロに近づければ、年間約1.6万円の節約になります。(節約試算:約1.6万円/年)


5.特売やセールをやめる

あなたは"特売やセールは安い""ポイントはお得だ"と勝手に思い込んでいませんか?
お得だからとつい不要なものまでかってしまったり...
送料無料になるからと追加の1品をカートにいれてしまったり...
よくある話です。
もしこれらの特売やセールによる浪費をやめることで1割のコスト削減ができたと仮定すると、年間約1.2万円の節約になります。
(節約試算:約1.2万円/年)



是非あなたのお友達にも教えてあげてください

この記事があなたのお役に立ったなら、是非お友達にも教えてあげてください。
多くの人に読んでもらえると、次の記事を書く励みになります。よろしくお願いします。



▼ポチっと応援クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ



戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional